NO IMAGE

本当の豊かさを実現するためには

11月も中旬が過ぎ、世の中の空気がクリスマスモードになってます。良いですよね、明るい雰囲気になります。
年末の忙しさは不思議なもので、何が忙しいのかわからないけど、なんか忙しい、というような不思議な感覚に日本中がなります。
今年は特に建設業関連は、消費税増税前の駆込み需要も助長して、新築工事、リフォーム工事が市場全体でも多くなっております。
年内で工事完了したいお客様は工事内容によっては今から注文しても間に合わない可能性もございます。ご注意ください。
忙しい事は良い事です。でも、忙しいだけでは良い事ではないと思います。忙しいけど、働いている方、職人さんの給料はそのまま、そして家族と過ごす時間もない、では続いていかないのではないでしょうか?
今の日本の社会の中で、豊かさとは何のかと考えますと、まわりを見渡せば物は溢れており、食べるものも食べきれないくらいの食糧に囲まれ、使い切れないほどのお金を持つことが豊かな事なのでしょうか?
それでもまだ足りなさを感じ、もっと欲することが、豊かさを求める事なのか。いくら物で満たされても、いくらお腹いっぱい食べても、いくら貯金が増えようとも、また、足りなくなって求め続けることとなる。
社会の仕組みである、消費が増えれば利益が増え、利益が増えれば給料が増え、給料が増えれば消費が増える。簡単に言うとそんな事ですが、みんな一所懸命、必死に働いています。朝早くから、夜遅くまで、休日でも、夜間でも、それでも給料が上がらない。それはなぜか?安いものが良いという社会が出来上がっているからではないでしょうか。
安くていい物の絶大なイメージが今の世の中には溢れており、その裏にある、忙しくて家族との時間もとれず、更に給料も上がらない暮らしがその安さを支えている事を理解しなければいけない。
であれば、本当の豊かさは、まずはしっかりとした仕事(商品)には、しっかりとした対価を払うし、頂く。という当たり前の事を考え直さなければいけないと思うのです。
安くて良い物には、必ずその裏で苦しんでいる人がいます。豊かな社会を実現するには、良い仕事(商品)をそれ相応の対価で払う(頂く)、という原理原則を考えなければ実現する事はできないと思います。
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。