NO IMAGE

トイレリフォームを失敗したくないあなたへ

トイレを交換したいって思った時、まず何から調べますか?

まず、節水かどうかは気になりますよね。

水道代が安くなれば、それと同時に下水道代も安くなります。(←これ以外に盲点なんです)

それとデザインも気になりますね。

今までのように背中にタンクが付いているタイプなのか?それとも、タンクの付いていないタイプなのか?

でもタンクが付いていないタイプだと手洗いをどうするのか?とか。

一般的に多いのは節水型の手洗付きタンク型ですね。コストも抑えつつ、最新のトイレにリフォームできます。

トイレ交換を検討する際に気をつけなければいけないことは、床の補修が必要かどうか?という事と、タンクレス(タンクがない便器)にする場合に今までのトイレのタンクの背中部分が、かなり汚れている場合が殆どですので、壁紙の交換も必要になるという事です。

古い便器と新しい便器の大きさが違います。古い便器の方が大きくて、新しい便器は小さくできているので、そのまま交換すると床に古い便器の跡が残ってしまい、せっかく新しい便器に交換したのに、汚い床が見えるようになってしまって汚らしい。なんてこともあるので注意が必要。

トイレの床を便器交換と同時に改修したいというご要望は多いです。トイレの床材で一番多いのがクッションフロアーと呼ばれている、ビニール系のシートです。水に強いという特徴があります。フローリング(木質系)でトイレの床を造る事もありますが、その時は注意が必要です。トイレや水まわり用にメーカーが製造しているものがありますので、そういった製品を使用しないとダメ。出来上がった時はいいですが、数年経った時に必ず、床に黒ずみや便器の周りの腐食なんかがでてきます。普通の木質系のフローリングはトイレの床に張ってはいけません。

そのほかに、TOTOの光触媒技術を採用した床「ハイドロセラ・フロアJ」や、タカラスタンダードでは、壁と床にホーローパネルを貼る事により、汚れがつかず、お手入れもしやすくリフォームできます。

ニオイを抑える壁材や、調湿効果のある壁材など、トイレのリフォームと一言でいっても多種多様です。

もちろん予算もありますが、せっかくリフォームするのなら、見た目も機能も、そしてコストもこだわったリフォームにしたいと思いませんか?

★住まいるラボ リフォーム相談会開催決定!

5月16日(土)10:00~16:00
5月17日(日)10:00~16:00

:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-
千葉県東葛地域(鎌ヶ谷・松戸・船橋・市川・柏)でリフォーム、リノベーションは
住まいるラボにお問い合わせください。0120-82-2551
:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。