瓦の漆喰がボロッと取れてる!瓦屋根を長持ちさせるメンテナンス方法

ここ千葉県では台風の影響で雨漏れ被害が多数寄せられています。

被害にあわれた方には一日でも早く平穏な生活に戻れますよう心よりお祈り申し上げます。

今回は、瓦屋根の補修について書いていきます。

瓦屋根の繋ぎ合わせの部分などに使用されている「漆喰」がボロッと取れているケースが良くあります。

地震などで瓦がずれたりして、漆喰にひびが入ってしまい、時間が経つにつれひびが広がり、再度の地震でボロッと取れてしまったりします。

この瓦の漆喰ですが、放っておくと雨漏れの原因や、台風や地震の時に瓦がずれてしまう恐れがありますので、漆喰の補修はしっかりと行うようにしたいところです。

この漆喰の補修には2通りの方法がございます。

漆喰の詰め直し補修方法

漆喰の劣化が比較的軽い場合にはこの「詰め直し補修」を用いることができます。

詰め直し補修は、瓦はそのままで漆喰部分だけを補修する施工方法です。

既存の漆喰を葺き土が見えるまできれいに剥がし、出てきた葺き土や漆喰のカスをきれいに取り除き、下地処理をしたのちに新しい漆喰をしっかりと厚みを持たせて塗りこんで施工します。

棟瓦取り直し補修方法

漆喰の劣化が大きい場合や、しっかりとメンテナンスをしたい場合には、この「棟瓦取り直し補修」を施工します。

棟瓦をいったん外して、取り直しを行います。

皮を積むための土台を作り直し、再度外した棟瓦を固定していきます。

漆喰補修の工事費用の相場

工事は、屋根の上にあがっての作業になる為、仮設足場などが必要になる場合があります。

漆喰のメンテナンス時期は凡そ10年~15年に一度のサイクルで施工するのがベスト。あくまでも目安ですが、建物の立っている状況により変わります。

また、屋根の上なので自分で点検するのはとても危険なので、気になる方は専門業者にお願いするようにしましょう。

工事 単位 単価 工事費用(相場)
漆喰詰め直し工事 1~10m ¥25,000~ ¥100,000~¥150,000
¥3,000~
棟瓦取り直し工事 1~5m ¥100,000~ ¥200,000~¥300,000
1 ¥10,000~
PR

漆喰補修工事の施工事例

今回、取手市で施工させて頂いた棟瓦取り直し工事の施工事例を紹介します。

まずは、棟瓦をいったんはずしていきます。

棟瓦取り直し工事 瓦一時撤去の様子

施工途中の写真が見当たらないため、いきなりですが完成写真です。棟瓦との接続部がきれいに塗られています。

棟瓦取り直し工事 完成状況

棟瓦3段積みの漆喰がきれいに塗られています。瓦がずれないようにしっかりと銅線で固定していきます。

棟瓦取り直し工事 完成状況

まとめ

普段屋根の上に登って確認することはないので、自分の家の屋根がどうなっているのかはわかりずらい部分です。放っておくと雨漏れの原因になったり、ここ最近の異常気象では、突風などが発生する可能背もありますので、瓦自体が風で飛ばされてしまったりするケースもあります。

ちょっと気になるという方は、自分で屋根に上らずに、信用できる専門業者に一度確認してもらう事をおすすめします。

もちろん、住まいるラボでもお受けいたしますよ。

最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。