NO IMAGE

リフォームで使用できる補助金がスタートしています。

平成28年10月11日の補正予算にて「住宅ストック循環支援事業」が成立しました。

内容は前回あった「住宅エコポイント」の助成金版といった感じです。

大きく分けると3つ。

  • 住宅のエコリフォーム
  • 良質な既存住宅の購入
  • エコ住宅への建て替え

上記の事業を行うときに補助金が国からでます。

私たち住まいるラボももちろん事業者登録をしておりますので、わからない点や内容が気になる方は是非お気軽にお問い合せください。

エコリフォームの対象工事としては

次の要件をすべて満たすリフォーム工事を対象にします。

  1. 自ら居住する住宅について、施工者に工事発注して、エコリフォームを実施すること
  2. エコリフォーム後の住宅が耐震性を有すること
  3. 予算成立日(平成28年10月11日)と事業者登録した日のいずれか遅い日以降に、工事着手すること

次の①~③のいずれか1つが必須となります。かつ、①~③の補助額の合計が5万円以上であることが必要です。
原則として、国の他の補助制度との併用はできません。

  1. 開口部の断熱改修※1※3(ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換)
  2. 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修※1※3 (一定量の断熱材を使用)
  3. 設備エコ改修※1(エコ住宅設備のうち、3種類以上を設置する工事)
    【エコ住宅設備】太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓
    ①~③のいずれかと併せて実施するA~Eの改修工事等も対象となります。
  4. 併せて対象とするリフォーム等

A.バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等の拡張)
B.エコ住宅設備の設置※1(1種類又は2種類の設置)
C.木造住宅の劣化対策工事※2(土間コンクリート打設等)
D.耐震改修※3
E.リフォーム瑕疵保険への加入※3

  • ①、②の断熱改修及び③、④-Bのエコ住宅設備は、事務局に登録された製品を使用して実施するリフォームが対象となります。
  • リフォーム瑕疵保険に加入するものが対象となります。
  • 管理組合が発注者である共同住宅(共用部分)のリフォーム工事の場合は、①(内窓除く)、②、④のD及びEのみ申請可能とします。

※国土交通省「住宅ストック支援事業」ホームページより

補助限度額は1戸あたり30万円(耐震改修を行う場合45万円/戸)とリフォームを検討される方には絶対利用したい補助金です。

複雑な補助金申請は弊社が手続しますので、お客様にとってはすごくいい制度です。ぜひ、この補助金を利用してお得にリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

今日も熱く自責で凡事徹底。一人でも多くの笑顔の為に!

ありがとうございます。

 

【住まいるラボ座談会ポッドキャスト】
リフォームだけじゃない。あなたの人生に少しの癒しをお届けします!

ぜひ、お昼休みや休憩時間にでも聞いてみてくださいね。

スマホのPODCASTアプリで登録しておくと便利ですよ!
iTunesでお聴きの方はこちら
https://itunes.apple.com/jp/podcast//id1122483236
iTunes以外でお聴きの方はこちら
http://smilelabo.seesaa.net

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。