NO IMAGE

クロス張替え工事で気をつけたい事。

クロス(壁紙)張替え工事は、その価格に対して劇的に変える事ができるリフォームの一つだと思います。

クロス張替え工事で業者へ見積りを依頼すると、量産品か1000番台クラス(普及品)の塩ビクロスを勧めてくるのが殆どだと思います。

この壁紙の違いはなんでしょうか。

  • 量産品は1000番台より金額的に安い。
  • 1000番台は量産品より質が良い(しっかりとしている)
  • 1000番台は量産品より色や柄が豊富。

ざっくりいうとこんな感じです。

今の塩ビクロスは、印刷技術がかなり進歩したのでしょうか。本物そっくりなレンガ調や木材風など、いろいろなものから選ぶ事ができます。

せっかく壁紙を変えるのですから、イメージをガラッと変えてみてはいかがでしょう?

1面だけ色や柄を変えて仕上げてみるとか。

それだけでイメージがかなり変わります。

機能で選ぶのも、もちろんいいと思います。消臭機能が付いていたり防汚機能だったり。

でも、本当に折角なので、貼替えが必要な塩ビクロスを選択肢からはずしてみるというのも一つの方法です。

当社でも取扱いしている、「自然素材」のドイツ製壁紙「オガファーザー」+自然健康塗料「デュブロン」で好きなように自分で塗ってしまうというのもすごく楽しい。

貼替えも基本的に必要ないですので、環境にも優しいし、メンテナンスも自分で簡単に塗る事ができるので、長期的に見てみるとコスト的にも大変優れています。

何と言っても、自然な素材ですので、色彩や風合いがいいのももちろんですが、調湿作用があるので空間自体が癒し空間になる事が大変メリットを感じると思います。

もし、オガファーザー+デュブロンで仕上げてみたい!という方がいらっしゃいましたら、住まいるラボのセミナールームで体験いただけますのでお気軽にご来店ください!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。