NO IMAGE

ちょっと待った!その手すり本当に大丈夫?

トイレのリフォームをする時についでに手すりをつける工事って多いのですが、あるお客様の1階のトイレ(他社でリフォーム済み)を見せていただいた時に衝撃が走りました。

手すりって一概に言ってもいろんなタイプがあり、その用途や介護状況によってつけ方が変わってきます。

しかし、そのお客様のトイレの手すりは明らかに「付いているだけ」だったんです。

手すりは「立ち上がる動作を楽にする」ためにつけるもの。

手すりを持って力を入れて立ち上がるためにつけるのでない。

わかりづらいですね。

トイレの場合。座った状態の近くに手すりがあると何となく便利そうですが、実はそうではなく、座った状態から遠目にあって、そこを目指して手を伸ばす事によって、立ち上がる動作のサポートになり、結果、力を使わず立ち上がれる。これがトイレの手すり設置のベストポジションだと考えます。

手すりをあてにして、力任せに立ち上がらせるような設置位置では絶対ダメ。

廊下や階段の手すりもそうです。

病気の状態により設置位置も考えなければいけません。右側が不自由だから、左側に設置するのが正解かといえばそうではない場合もあります。

介護が必要な方の現在の状態もそうですし、介護をする方の「介護のし方」によっても手すりの位置や高さ、そもそも手すりがいいのか?という位の調査が必要ですし、そこまで住宅改修をする我々プロは考えなくてはダメです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。