NO IMAGE

ふっ素塗装が熱い!

外壁の塗り替えと一言で言ってもいろいろあるのをご存知でしょうか?
最近ではいろんな会社さんが「塗料の違い」をしっかりうたっている所も多くなってきましたが、一昔前では、外壁塗装と言ったら、「外壁塗装でしかなかった」のです。
どういう意味かと言いますと、業者に見積を頼んで、出てくる見積と言ったら「塗るだけ」の見積りだったのが、最近では、外壁を「何で(塗料)」、「どのように(工程)」塗るのかをしっかりとお客様に伝える業者さんが多くなりました。
当社の外壁塗装もそうですが、機能性の違いや、耐候性の違い、工程数の違いなどで、金額の違いがあります。
金額が安く、塗り替え時期が早い「ウレタン塗装(5~6年)」(※当社ではお勧めしておりません)。
スタンダードな「シリコン塗装(7~10年)」外壁の塗り替えと言ったら一般的にこれが多いですね。
高耐久高耐候「ふっ素塗装(15~20年)」当社の標準仕様の自慢のふっ素塗料。
高耐久高耐候「無機塗料(20~30年)」高耐久では他の追随を許しません。
高機能高耐久セルフクリーニング「TOTOハイドロテクトコート光触媒」塗料界のキングオブ塗料。
その他にも断熱塗料や遮熱塗料、断熱遮熱塗料など、機能性や快適性能によって塗料を選んで、外壁の塗り替えをすることが今の主流といえます。
一昔前では、塗料の話しなんて出なかったのが、今ではしっかりとした塗料を、しっかりとした技術で「塗膜を作る」。これではじめて外壁塗装をすると言えます。
どんな塗料が良いのでしょうか?
これから暑くなるから光熱費の事も考えて「断熱・遮熱性能のある塗料」にするのかとか、長くきれいな壁を保ちたいなら「セルフクリーニング機能のある塗料」にするとか・・・。
塗料を選ぶだけでもなんだかわくわくします。更に家のイメージを一新する色合いも選ぶことになりますが、1階と2階の色を変えてみるとか、ベランダの部分だけ濃い色で塗ってみるとか、外壁を塗ると言ってもいろんな楽しみ方がありますね。
今当社での一押しが「ふっ素塗料の2工程バージョン」!ふっ素なのにシリコンと同価格でご提供!
鎌ケ谷・船橋・松戸でこんな外壁塗装をしてみたい!と思ったら、SmileLabo(住まいるラボ)に相談してみてください!
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。