NO IMAGE

【外壁塗装偏】観察力と洞察力

こんにちは!

住まいるラボ・龍ヶ崎店の芳野です。

最近は、何かとバタバタしていますがあることを特に考えています。それは、「観察力」と「洞察力」です。「観察力」は、相手の見た目や癖、顔色など「目に見える部分」を細かくみる力。それに対して、「洞察力」は観察した事柄から相手の体調や気持ちなど、「目に見えない部分」を見抜く力です。

世の中の「社長」は、洞察力が特に優れ、何事にも客観的に捉え、とても注意深い人が多いと言われています。客観的であるため、主観から離れて物事を見れるので相手の立場になって判断することが出来ます。勉強になります!

私も洞察力には、ある程度の自信があるので常に相手の立場になって「お客様にとって最高なプラン」をご提案をしています。もちろん、現場調査の「観察力」が不十分ではいけませんし、お客様との「コミュニケ-ション」も重要です。

そこで、例ですが、

先日、外壁塗装をしたお客様ですが、築30年で同じ時期に同じハウスメ-カ-がそこら一体に家を建てたので、周りとデザインが酷似していて、ブロック塀はどこも一緒のものです。家の向いの2件が外壁塗装をしたら、「自分の家が汚く見えるようになった、高齢なので人生で最後の塗装にしたい!」美観性と耐久性を求められていました。

 

↓先ずは、塗装前です。

↓塗装後です。金運が上昇する!?という理由で鮮やかなイエロ-に。眩しい!!

 

家の前で写真を撮っていると去年、他社で塗装をした向かいの奥様が、少しだけ怖い顔をして近づいてきました!!

「ちょっと~、綺麗だけど、うちのと何か違うのよね~?」

↓向かいの奥様の家です。色は違いますが、ブロック塀は一緒です。半年前の塗装なので、外壁も屋根も綺麗です。

では、なぜ違和感があるのでしょうか?

 

答えは簡単、向かいの奥様の違和感の原因はこれです!

↓住まいるラボの「まるで新築!家まるごと塗装」です。

私のブログの「日本の技術って凄いんです」でも何度も紹介していますが、屋根・外壁だけを綺麗にしても駄目なんです。予算が他社と同等の金額か、それ以下で門柱や塀も「綺麗で強くできるのです。

ちなみに、この門柱や塀に使用している塗料は、公共事業でトンネルや橋梁の崩落を防いだり、重要文化財で色や形を変えられない工事に使われている日本最先端技術のものです。この塗装は、茨城県・千葉県では住まいるラボしか提案が出来ません!

素材のブロックや目地に深く浸透しますので、素材の強化、超撥水効果で雨にも濡れないばかりか、不思議と30年前の色合いに近づいてきます。塗料は無色(クリア・艶なし)なので全く色に細工はできません! 汚れやカビ、崩壊の心配も不要です。

 

今回のブログを読んで、塗装は「ただ綺麗になればいい」と思う人が少しでも減ってくれれば嬉しいです。紹介したお客様も内心は、「綺麗になれば100点」と思っていたらしいのですが、想像以上の出来に「200点」を頂きました。職人の対応や人柄も含めてですが。

 

なかなか、人に物事を100%伝えるのは難しいと思います…なので私は、ブログやポスティングチラシを使い「お客様から、住まいるラボにお願いしてよかった!」という言葉を頂けるのを励みに仕事をしております。

住まいるラボは、お客様の悩みや、問題点を解決し、「笑顔で暮らせる家づくり」を応援いたします!

 

ご質問などがございましたら、住まいるラボ龍ヶ崎店の芳野までご連絡下さい!

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。