NO IMAGE

自然素材「漆喰」がおすすめのわけ。

漆喰(しっくい)って皆さん知ってますか?

おそらく言葉は聞いた事あるし、「あの白い壁の・・」ていうくらいの感じだと思います。

漆喰は、水酸化カルシウム・炭酸カルシウムを主成分としており、もとは「石灰」と表記されていたものであり、漆喰の字は当て字が定着したものである

Wikipediaより

家づくりやリフォームで、この漆喰の壁が、内外壁共に採用されるケースが増えてきました。

漆喰にする事のメリット

・VOC(揮発性有機化合物)の吸着・分解
・パターンや色によって、洋風から和風、さまざまなデザインが可能
・呼吸する壁といわれている通り、湿度を調湿してくれる
・家の中の嫌な臭いをとってくれる(脱臭効果)
・燃えないので火事に強い
・漆喰内部は強アルカリ性のためカビにくい(部屋内のウイルスも生きにくい)
・耐インフルエンザ性
・音が通りにくい(防音性)

漆喰にする事のデメリット
・ビニールクロス(壁紙)を貼るより工期がかかる。
・ビニールクロス(壁紙)を貼るより金額が高い。
・色、柄がビニールクロスと比べるとかなり少ない。

個人的な意見は、漆喰の一番のメリットは、風合い」が良い。という事かなと思います。

漆喰にも種類があります。

大きく分けると2種類。「和漆喰」と「洋漆喰」があります。

「和漆喰」はその名の通り、日本で作られた日本の漆喰です。古くから神社仏閣、城などに使われてます。
「洋漆喰」はヨーロッパで古来の建物から使われている漆喰です。ヨーロッパの街並みの写真で見かける白い壁、あれが漆喰です。

細かく分けるとそれぞれの漆喰でもまた地方によって細かく種類があります。

漆喰は、内壁でも使えますし、外壁でも使えます。

白い漆喰で仕上げる壁は、いろいろなパターンもあり、使い方によってはかなりおしゃれに仕上げる事ができます。

ぜひ、内装の仕上げや外壁を選ぶときに、「ビニールクロス」や「サイディング」「ペンキ」の色の選択ではなく、その前の「素材の選択」からはじめていただきたい。

古来から使われている自然素材。「漆喰」をリフォームで採用してみませんか。

こんな自然素材でリフォームしてみたいと思った方は・・・

7月25日(土)26日(日)の自然素材でエコなリフォームセミナーに参加してみてはいかがでしょう?お問い合わせは下記のフリーダイヤルまで。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。