せっかくリフォームするなら、照明も真剣に考えてみましょう。

リフォームする時に考える優先順位があります。

やっぱり一番多いのは「水まわり」。

水まわりは毎日使っているものですから、劣化も早いし、汚れが目立ってくるのも早いので、まずは水まわりを綺麗にしたい!という方が一番多いです。

水まわりと同じくらい優先順位が高いのが、外壁や屋根のリフォームですね。建物の中では一番重要なメンテナンス部分。雨が漏ってしまうと、重要な構造部分にダメージが広がり、住宅にとって致命的にもなる位の部分ですから、優先順位は高い部分です。

次に、壁紙(クロス)や床(フローリング)ですね。こちらも普段から目にしている部分なので、汚れや剥がれ、ひびが気になる等で張り替えを考える方が多くいらっしゃいます。

そんな中、優先順位はあまり高くはないですが、リフォームするうえで注目してもらいたい部分が「照明」についてです。

きれいな壁紙、床、新しいキッチンに交換したら、折角だったら、この「照明」にも少しこだわってみませんか?

リフォームする時に照明のご要望が多いのが、「ダウンライト」。

おしゃれなイメージのダウンライトですが、実は、ダウンライトって眩しいのご存知でしょうか?

ここ最近ではLEDのダウンライトで安いものがたくさん出ています。

この安いダウンライトって、眩しいんですよ。だからって悪いわけではなく、設置する場所によるというところがポイントです。

廊下や納戸、トイレや洗面所などは、明るく照らすダウンライトがいいので、コスト重視で選択するのはOKです。

しかし、リビングや寝室などでリラックスする空間に、この眩しいダウンライトはやめましょう!

せっかく、内装にこだわり、インテリアも自分の好きなように配置したリビングで、ソファでゆったりと映画などを鑑賞している時に、この眩しいダウンライトはとっても邪魔になります。

そんな場所におすすめしたいダウンライトが、「グレアレスダウンライト」です。

画像で見た通常のダウンライトとグレアレスの違いはこちら

グレアレスダウンライト比較

同じ光の強さでも、これだけ広がりが違うのがわかりますよね?

リビングや寝室などのダウンライトの用途は、明るさではなく雰囲気や空間演出がポイントです。

もちろんメインのシーリングライトとの併用にはなりますが、とてもおしゃれで落ち着いた空間になる事は間違いありません。

少しのコストを削って、安いダウンライトを設置した場合、眩しさが邪魔で結局あまり使っていない、という方も少なくありません。

では、通常のダウンライトとグレアレスダウンライトでは何が違うのかと言いますと、光源が手前にあるか、奥にあるかの違いと、光の角度などが違うのです。

ダウンライトを選ぶ時もやっぱり適材適所です。何でもかんでも安いからという理由で選ぶのは後々使わなくなったりする事になりかねません。

リフォームの時、照明を検討する際にぜひ、リビング、寝室は「グレアレス」と覚えておいてください。

※注意:グレアレスダウンライトは暗く感じますので、しっかりとメインの照明器具と併用するように計画をしましょう。

最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。