NO IMAGE

暑さ対策はお早めに!(ガラスコ-ティング偏)

こんにちは!

住まいるラボの芳野です。

最近は、関東では真夏日になったと思えば雪になったり、なかなか終息しないコロナウイルスの影響で、気持ちもなかなか落ち着きません。

そんななか、私が息子と同じ小学3年生の頃を思い出すと、今のコロナウイルスよりもっと「恐怖感」があった出来事を思い出しました!

その理由がこれでした!

そう、ノストラダムスです。覚えている方も多いと思います。

当時は9歳だったので、1999年に地球が滅亡だと30歳まで生きられないと信じ込んで絶望感があったのを記憶しています。だから「死ぬまでには結婚したい!」なんて若い時から結婚願望が強かったような気がします。

では、今の子供は将来への不安や恐怖がないのか? というと全くないわけでは無いようです。

それは、「地球温暖化」という実際の問題です。もちろん、温暖化に関してはどこかの大統領のように否定する人もいるので、一概には言えませんが…。

この資料は、環境省が作成したものです。

今のまま、温暖化が進むと2100年に関東では年間の3分の1が真夏日となります。ここまで熱くなると、飢餓や病原菌の発生、水面の上昇、砂漠化、戦争(土地の奪い合い)など色々な問題が発生すると言われています。大人は、「その頃は生きていないし関係ない」というかも知れませんが、子供にとっては大人になってからの、自分の子供や孫までのことを心配して不安に感じているのです。

 

では、我々大人はどうしたら良いのか? リフォ-ムと一緒に何か貢献できないか?

そこで住まいるラボは、CO2削減を目指して、ガラスコ-ティングの施工に取組んでいます。

住まいるラボが推奨するガラスコ-ティングの特徴を簡単に説明すると、

  • 赤外線カット90%(他社60%前後)*90%以上のカット率だとガラスが熱割れしてしまいます。
  • 紫外線カット99%(他社同等性能)*室内のカ-テンやブラインド、畳、書類等が日焼けせず。
  • 耐久性能25年以上(他社10年MAX・ホームペ-ジの告知から)*耐久試験では25年経っても劣化がみられず。
  • 室内環境にもよりますが、電力が約20%前後の削減になります。
  • 結露の大幅削減(冬は暖房熱をガラスが吸収し結露の大幅な削減になります)
  • コ-ティングは鉛筆でいうと6Cの硬度なので、猫が引っかいても大丈夫、通常のお掃除をしても全く問題はございません。
  • 断熱フィルムもありますが、3年~5年の間にクラックや気泡が入り汚くなると同時に、断熱効果がなくなります。

 

現在は、大手企業様を中心にガラスコ-ティングを施工しています。

↓これは、先日施工した大手外食チェ-ンの店舗写真です。駅前の再開発で出来た新築のタワ-マンションですが、暑さ対策でガラスコ-ティングをします。

↓赤や青や黄色など色があるものより、クリアな窓ガラスに無色の塗料をムラなく自然に塗るのは非常に難しく、外壁塗装経験が10年以上ある人でも施工ができない人は大勢います。器用さとセンスが必要です。

↓施工後の写真です。左が施工済み、右が未塗装。写真で見ると全く地味で面白くありませんが、暑さの比較をすると感動ものです!

近年の「ゲリラ的な猛暑」の影響もあり、窓ガラスコ-ティングの問合せは年々多くなっていますので、夏本番というときには施工が難しくなることが予想されています。早めにご検討ください!

何か、ご質問等がございましたら、ご遠慮なく住まいるラボ・龍ヶ崎店の芳野までご連絡を下さい。

 

住まいるラボは「笑顔で暮らせる家づくり」を応援いたします!

 

 

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。