NO IMAGE

「安い」から買う?「高い」から買わない?

住まいるラボの高橋です。

「安い」と「高い」の判断基準はなんなのでしょうか?

安いから売れる。高いから売れない。これって、売る側の勝手な判断基準なんだと思うのです。

安いと判断するのは、消費者側であって、売る側ではないという事。これ、当たり前じゃん。って思うけど、結構勘違いし易いんです。

「なんで安いのに売れないのかな?」何かを売るときに陥り易い罠。安いから売れるという意識。

人は安いから買うんじゃないんですね。安いと感じるから買う気になるのです。

もっと言い方を変えると、高くないと思えれば購入動機につながるという事。

ただし、1円でもその人に必要なければ売れない。定価が1000円の物が10円に値下げしたところでその人が必要でなければ物は売れない。どんなに安くしても欲しくない人にとっては高いのです。

何が言いたいのかと言いますと、リフォームも同じで、いくら良いものを提案しているとして、金額も安かったとしても、ニーズに合わなれければ高いんです。

特にリフォームは半製品。完成品を売る(買う)わけではないので、とても難しい。

「安い」「高い」はその他にも、ブランド力や関係性といろんな観点から考えることができます。

人は安いから買うわけではない。そして、高いから買わないわけでもない。

価格ではないもっと大事な部分がありそうです。

今日もありがとうございます。

住まいるラボ 高橋

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。