本を読む

ジョン万次郎という男

  • 2019-10-18
  • 2019-11-11
  • 読書
  • 158view

住まいの専門店 住まいるラボの高橋です。

皆さんは歴史小説などは読みますか?私は司馬遼太郎の小説など好きで以前読んでいました。

最近本の中で興味を引く物は、経営者の失敗本です。これ、私の経験もあり、二度と失敗は繰り返したくないという思いなのか?それとも、人の失敗をトレースするする事が楽しいのか?いずれにしても、規模は大きく違うのですが、成功には法則はないですが、失敗には法則があると感じながら読んでいます。

今読んでいる本は、これ。

ジョン万次郎という男の物語。

まだ序盤の遭難している部分ですが、これから、鳥島に漂流して、アメリカの捕鯨船ジョン・ハウラウンド号の船長、ホイットフィールドに出会うところですね。日本人で初めてアメリカに踏み入れた人物となります。

ここから、万次郎は、アメリカに渡り、貧しい漁師の子供から、通訳、教師として活躍し、国際交流の礎に多大な影響を与えていく事となる。

万次郎にから伝わった西洋事情や思想などは、幕末維新の志士たちに多くの影響を与えたと言われています。

と、ジョン万次郎のテンプレートを書いたところで、今ではグローバル社会です。インターネットを使えば、24時間365日、海外とのやりとりもリアルタイムで可能な時代です。

そんな時代を生きているのだから、もっと視野を広げて、ビジネスというもの、日本というものを広げるチャンスは転がっている気がします。

今日もありがとうございます。

本を読む
最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。