NO IMAGE

パクるのはやめてください。

  • 2015-08-14
  • 2019-11-07
  • 読書
  • 132view

「経営者は、過去に成功体験があるとそれにこだわり、往々にして経営の路線を誤る事がある。その後の環境の変化を見誤るからである。」

クロネコヤマトの宅急便の生みの親「小倉昌男」氏の「経営学」の中の一部抜粋です。

小倉昌男 経営学/日経BP社
¥1,512
Amazon.co.jp

「環境の変化を見誤る」というのはとても難しい。

特に現在のようなインターネットが普及し誰しもがスマホ片手にリアルタイムで情報を収集できる時代に、その環境の変化を見抜くことは、本当に難しいことだと思う。

最近話題の、パクリ疑惑ですが、オリンピックのロゴから始まり、いまでは過去の作品までネット上で見つけられ話題になっています。

この「パクリ」っていうのと「参考」という境界はどんなところなのでしょうか?

これは、パクリですか?かの有名な「あの方」をこれだけ大々的にパクってしまうのは完全に意図的ですが「パクリ」でしょうか?。

でも、もしかしたら似ているだけでパクってないのかもしれません。

これを作った方たちに話しを聞いてみないとわかりませんが、「参考にはしたけどパクってはいませんよ」「似ていますが、指ありますよ」的なこともあるかもしれませんよね。

いろいろなものを作成する時に最初に調査はすると思うのです。特にネットを使用している方であればまず「ググる」ことからスタートするのではないでしょうか?ググれば自分の参考にしたいものがすぐに出てくる。

少なからず参考にしたものの「影響」は必ず残ります。

「パクる」は参考にしたものの影響だけではなく、リアルな部分を残して横着してしまう事。オリジナルに敬意を持っていない行為。

「参考」はオリジナルに敬意を払い、影響は受けるが似ないように考える事。

これだけネットが広がっていると、少しのパクリでも参考でもすぐにわかる。さらにそこを突いて楽しむ方も出てくる。

オリンピックのロゴはパクリではないとの結果になったようですが、その影響で過去の作品がパクリではないかと槍玉に挙げられているのをニュースで拝見しましたが、確かに・・パクっていると言われてもしょうがない作品もあるようです。

あっ・・・

鎌ヶ谷ウォーカーですか?

あれは、間違いなくパクリです。

今日もありがとうございます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
PR
>笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

笑顔で暮らせる家づくり 住まいるラボ

リフォーム・リノベーション・増改築・不動産・住まいの事ならワンストップですべておまかせください。